30代着物 TOP 着物の基礎知識着物の種類 > 着物の種類(付下げ)

着物の種類(付下げ)

付下げは、訪問着と小紋の中間の性格を持っています。
付下げとは、小紋と同様に型紙によって染められ、その染め技法は、同一柄を大量生産するものを言います。

模様の配置は、1反の端からずっと型紙を順送りにおくのではなく、肩山、袖山、上前衽(おくみ) などの裁つ位置に合わせて、模様の向きが仕立てあがったとき、下向きにならないようになっています。

 

模様の配置から、次の2種類に分けられます。

絵羽付下げ
  「付下げ訪問着」とも呼ばれています。実際は、絵羽ではないのですが、上前衽と上前身頃の柄が配置よく染まっていて、 金彩加工や刺しゅうを施したものが有り、一見訪問着のように見える着物をいいます。

付下げ小紋
  裾から肩山に向けて、 袖下から袖山に向けて、模様が全て上向きに染められた小紋をいいます。

 付下げ(前の姿) 付下げ(後姿)