30代着物 TOP 着物の基礎知識着物の種類 > 着物の種類(色留袖)

着物の種類(色留袖)

地色が黒以外の留袖をいいます。
黒留袖と同格の祝儀用の着物です。柄も格調高い裾模様が使われいます。色留袖は、既婚・未婚女性どちらでも着用できます。

紋は、正式には、五つ紋が付けられますが、一般的には略式の三つ紋を付けられる方が多いです。 一つ紋の場合には、訪問着と同格とみなされます。ただし、五つ紋・三つ紋の場合には、比翼仕立てになりますが、一つ紋の場合には、 比翼は付けません。(最近は、三つ紋・一つ紋ともに比翼をつけずに白の伊達重ねをお付けになる方もいらっしゃいます。)

宮中行事(叙勲の式、晩餐会など)においては黒は避けられ五つ紋付色留袖が正装になります。
(宮中では、黒は喪の色とされているためです。また、外国では喪の色は紫とされているため、外国貴賓歓迎宴に限り避けたほうがよい色です。) 三つ紋の場合には、結婚披露宴や結婚のご挨拶周り、最近では、お子様式の卒業式、特別なお茶会にお召しになるようです。また、 一つ紋の場合には、結婚披露宴だけの出席、パーティーにお召しになれます。
このような宮中のしきたりや、色留袖がお祝いの席にふさわしい優美な色彩を持つことからも、最近は、 結婚の支度の場合でも黒留袖を着る機会がない方は、代わりに色留袖を用意される方も増えてきました。

長襦袢・・・格調ある白い長襦袢を着ます。

帯・・・帯は、糸錦、唐織、綴織などの袋帯 です。 金銀を織り込んだものや箔置の格の高いものとあわせます。

帯〆・帯揚げ・・・帯〆・帯揚げは、白で、金糸が入っているものが華やかでよろしいです。

 

色留袖