30代着物 TOP 着物の基礎知識着物の種類 > 着物の種類(黒留袖)

着物の種類(黒留袖)

黒留袖とは、既婚女性の慶事の礼装をいいます。結婚式に列席する新郎新婦の母親、親類の夫人、 仲人の夫人がお召しになります。

関東では、昭和45年頃まで、「江戸褄」と呼んでいました。
黒地に裾だけに柄があり、染め抜きの紋で、五つ紋になります。
紋は、背中・袖の後(2つ)、胸(2つ)に入ります。

「留袖」という名称は、振袖の長い袂(たもと)を切り脇をつめる、つまり「袖を詰めた」着物という意味があります。
また婚家に留まるという意味もあるといわれております。

 

黒留袖の裾の模様は、「松竹梅」や「鶴・亀」などの祝い柄である吉祥文様が主流です。
仕立ては、「比翼仕立て」と呼ばれ、以前は、襦袢を着るのではなく白羽二重の下着を着ていましたが、 現在では着易くするために衿や裾だけを二枚重ねたように仕立てています。

長襦袢・・・格調ある白い長襦袢を着ます。

帯・・・帯は、糸錦、唐織、綴織などの袋帯です。 金銀を織り込んだものや箔置の格の高いものとあわせます。

帯〆・帯揚げ・・・帯〆・帯揚げは、白で、金糸が入っているものが華やかでよろしいです。

 

黒留袖