30代着物 TOP 着物の基礎知識着物の種類 > 着物の種類(小紋)

着物の種類(小紋)

小紋とは、染め柄の名称であり、文字の示すように小さい紋様を、 布地いっぱいに型染めしたもののことです。型染めとは、型紙を用いて絵柄を染めることで、型友禅、江戸小紋、紅型などの伝統的なものから、 現代的なものまで種類は沢山あります。

結婚式の二次会や気軽なパーティー、観劇や友達とお食事など、利用範囲の広い着物です。

 

型友禅
 友禅染めの一つで、型紙と写し糊を用いて染める多色染めの着物です。多色を使って華やかな柄を染めるのですが、型紙は一色に一枚を要し、 色によって型紙を何度も取り替え、下の柄に合わせなければならないので、熟練を要します。

 

江戸小紋
 本来は、小紋といえば江戸小紋を指していました。江戸時代に武家の公服として裃(かみしも)の模様に用いられ、 江戸参勤の各大名が自藩の紋様を定めて留柄を作らせるなどしたことによって発展しました。柄は極小の一色染めの模様。主な小紋柄には、鮫、 角通し、霰などがあります。細かい柄ほど格調があり、鮫・行儀・角通し、万筋、千筋などは、一つ紋付きにして略礼装に用いられます。
(江戸小紋の名称は、昭和の後半に現代的で多彩な型染めが出てきたために、それと区別する言葉として用いられるようになりました。)