30代着物 TOP 着物の基礎知識着物の種類 > 着物の種類(色無地)

着物の種類(色無地)

色無地とは、黒以外の一色無地染めの着物のことをいいます。紋を付けると慶弔両用の準礼装になります。 色無地は、模様が入っている着物とは違って、用途によって着分ける事ができる利用範囲の広い、とても重宝な一色染めの着物です。

 昭和の時代には、白生地からご自分の好みの色に染める方が多かったのですが、最近は、 すでに染められている着物をお選びになる方が多いようです。

 

色無地は、染まっている着物ですと生地の選び方、白生地ですと、生地の選び方と染める色によって、 慶弔両用に着ることができます。生地の種類には、一越縮緬や古代縮緬、紬のように地紋がないものと、 綸子や紋意匠のように地紋があるものが使われます。地紋とは、織り糸で織り出された文様のことで、 亀甲や扇面などおめでたい吉祥文様のものは慶事用に、雲、流水や紗綾型(さやがた)などの有色模様は、慶弔両用になります。ただし、 明るい華やかな色は、慶事用、両用にする場合には、紫、藍、鼠色系などの寒色系の色を選びます。

色無地に五つ紋を付けると非常に改まった式服になり、 三つ紋をつけると無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。この場合には、色留袖に準じて帯や小物を合わせます。
一つ紋の色無地は一つ紋付きの訪問着より略式になりますが、訪問着とはまた違った控えめな品格があります。帯は、袋帯や綴帯を合わせます。 一つ紋の場合には、結婚式はもちろんのこと、お茶会、お子様の入学式や卒業式、パーティー、さらには、お通夜、 法事などの不祝儀にもお召しになれます。

また、入れる紋の種類によっても、格が異なりますので紋をお入れになる場合には、よくご相談されたほうがよいと思います。

染め紋(色無地の場合には陰紋です)
 1.白生地の段階で紋の入る部分に染料が入らないような下地加工をして、紋用に空けた部分に上絵(うわえ)を描きます。
 2.反物や仕立て上がった着物に紋を入れる場合には、紋を入れる部分を脱色し、白生地の状態に戻してから紋を入れます。

 

縫い紋
 刺繍によって入れる紋で、手刺繍とミシン刺繍があります。