30代着物 TOP 着物の基礎知識着物のたたみ方 > 留袖のたたみ方(大名たたみ)

留袖のたたみ方(大名たたみ)

黒留袖・色留袖は、訪問着などとは違うたたみ方をします。そんなに頻繁にあることではないので、 忘れてしまったら参考にしてください。

1.襟を左にして広げ、下前身頃を脇の線でたたみ、紋と裾模様に薄紙をあてます。

留袖のたたみ方1

2.上前身頃を脇の線でたたんで、下前に重ね、紋と裾模様に薄紙をあてます。

留袖のたたみ方2留袖のたたみ方3

 

3.襟をきれいに始末します。

 最初に襟山を内側に折ります。

襟の始末1

 次に右の襟肩を折って、下前の襟を整えます。
 
最後に、左の襟肩を折って、上前の襟を重ねます。

襟の始末2 

4.手前、向こうと袖を折って、身頃の上に重ねます。後ろの袖の紋にも、紋紙をあてます。

留め袖のたたみ方(大名たたみ)  留め袖のたたみ方(大名たたみ)

留め袖のたたみ方(大名たたみ) 留め袖のたたみ方(大名たたみ)

留め袖のたたみ方(大名たたみ) 留め袖のたたみ方(大名たたみ)

 

5.裾から3分の1のところに綿の入った棒を置きます。これは折りしわができないようにするためです。 無い場合には、和紙などを丸めて筒状の棒を作りましょう。

留め袖のたたみ方(大名たたみ) 留め袖のたたみ方(大名たたみ)

 

6.肩を持って、棒のところで折り返します。折り返した中心にもう一本の棒を置きます。

 留め袖のたたみ方(大名たたみ)

 

7.肩を持って折り返します。本来は、3つに折りますが、タンスなどのしまう場所に応じて、4つ、 または2つに折りましょう。

留め袖のたたみ方