四十九日に着る着物

 四十九日も、遺族にとっては大切な儀式です。どうして四十九日の法要があるのか知ることによって、 その場にふさわしい服装を考えてみましょう。

仏教では、葬儀後四十九日の忌明け法要の日までを「中陰」と呼び、七日目毎に法要が行われます。 このすべての法要を行うのが理想ですが、現実的には難しく、「初七日」、「三十五日」、「四十九日」を行い、 他を省略する場合が多いようです。七日目毎に法要を行うのは、亡くなった方が、 閻魔さまに七日目ごとに審判を受けるという考え方から来ています。四十九日とは忌日の終わりとして、法要の中で最も盛大に行います。 この日は故人に最後の審判が下され、あの世での運命が決まる重要な日。いわゆる三途の川を渡り終わって無事仏になるのが四十九日なのです。 この日は近親者や、縁者を招いて埋骨式を行い、白木の位牌をお寺に返して塗りの本位牌を仏壇に納めます。 僧侶やお客様には精進料理でもてなし、会葬御礼の挨拶や香典返しもこのとき行います。遺族にとってはこの日は、「忌明け」となるのです。

そのため、和装では喪服になります。告別式と同じ服装になるのです。

喪服