30代着物 TOP シーンごとに着る着物の選び方冠婚葬祭に着る着物 > お子様の七五三のときに着る着物

お子様の七五三のときに着る着物

お宮参りと同様に、七五三は、お子様の成長を祝う行事です。この風習の伝承の基となるものは、 古くは室町時代のころからで、子供の成長の段階を祝い、社会に認めてもらうという意味をもった儀式でした。

 現代のように11月15日に行われる七五三の祝いは、 江戸時代に江戸を中心とて行われ始めたもので、三歳、五歳、七歳の年に当たる子供が氏神に参拝する行事です。 最近は、なさらない方もいらっしゃるようですが、古くから伝わってきた行事には、やはり、 それなりの意味を持っています。家族皆さんで、お子様の成長をお祝いなさることは、お子様にとっても良い想い出となります。

 お子様の成長を行事として、家族でお祝いすることも限られております。是非、 記念にお着物をお召しになり、お写真におさめられることをおすすめ致します。

 

●お母様の着物・・・訪問着・付け下げ・色無地

●帯・・・袋帯・格の高い名古屋帯(綴れ帯など)

 

 七五三の詳しい歴史はこちらからご覧いただけます。

三歳・・・「髪おきの祝い」「髪立て」など、 乳児から幼児に移るけじめを髪型を変えたことで表した物です。

五歳・・・袴を左のほうから着せる「袴着のお祝い」です。

七歳・・・七歳を基準として、人別帳や氏子帳への登録がなされたり、 祭礼に役をもって参加したり社会人としての第一歩を踏み出す祝いでありました。