30代着物 TOP 着物を着てみたいと思ったら着物の着付け > 着物の着付け(補正No.3)

着物の着付け(補正No.3)

少し気になる部分は、補正することによって、補うことができます。例えば、 胸が大きくて気になってしまう場合には、

帯に胸がのってしまっては、あまりキレイに見えません。キレイに見えるためには、 やはり補正が必要です。キレイに見えるためには、胸を押さえるようにします。洋服とは違って胸は強調させないほうがキレイなのです。 最近では、和製ブラジャーを使う方も多いようですが、抵抗がある方には、晒(さらし)を巻くことをお薦めします。晒は、 その時々の身体の状態に合わせて、きつくしたり、ゆるくしたり出来ますので、和製ブラジャーがきつく感じられる方にはよろしいと思います。

胸が押さえられたら、次は、胸と帯の間の部分です。胸を押さえると、どうしてもできてしまう隙間。 この隙間、案外見過ごしてしまう部分なのです。どうして、隙間を埋めなければいけないのか、というと、着物は、自分で帯を見下ろしたとき、

着物の補正

のように見えるほうがキレイだからです。着物雑誌の着付けを見てみてください。帯揚げの部分が、 胸よりも前に出ていますよね。そして、横から見ると、胸の部分から、帯にかけて、直線のラインを描いていませんか?やはり、 考え方はいつもと同じなのです。基本は、洋服とは反対に、凹凸をなくすように補正をすること。これが着物の着付けがキレイに見えるコツです。