30代着物 TOP 着物を着てみたいと思ったら着物の着付け > 着物の着付け(補正No.1)

着物の着付け(補正No.1)

着物を着るために、一番大切なことは補正です。そのためには、

ご自身の体型を知ることが大切です。着物は、「七難隠す」といいますが、ちょっとした工夫をすることによって、 よりステキに着こなすことができます。とはいっても、補正をしすぎてしまうと、不自然な着方になってしまいます。

どんな補正をすればよいか、参考になさってください。ご自身に合った補正を工夫して、 もっとステキ着物を着こなしてくださいね。

 

●腰まわりの補正

 真正面に鏡を見て下さい。最初の補正は、ウェストとヒップの差を無くすことから始めます。 洋服では考えられないことですが、着物は寸胴のほうがきれいに見えます。なぜなら、

着物の補正

このように、下が広がってしまうからです。これでは、下半身が太く見えてしまいますよね。

 そこで、補正が必要になってくるのです。補正には、タオルを使います。タオルは、 1回水を通したものを使いましょう。そのほうが、汗をかいても、吸収してくれます。また、タオルの地は、あまり厚くないものを選びましょう。 地が厚いと、上記の画像のように、タオルがクッションになってしまい、締めた紐が緩んでしまいます。

タオルは、ご自身の体型に合わせて、枚数を決めて下さいね。