冠婚葬祭ってどんなシーン?

冠婚葬祭と、一口に言っても色々なシーンがありますよね。

 冠婚葬祭とは、婚は結婚、葬は葬儀、 冠は元服のとき冠をかぶせて祝ったことから「人生の節目節目の祝い事」、祭は正月・節分などの「年中行事」を意味します。つまり「冠婚葬祭」 とは、ふだんの生活とは異なる何か特別の意味を持つ日、つまり、人生の節目となる行事のことをいいます。

人生の節目には、 誕生日、進学、就職、成人、結婚、出産、 結婚、
金・銀・銅婚、還暦・古希等、特別な記念日、例えば、快気祝いなど、そして 葬式、法事などがありますね。

今は、あまり形式にこだわることはあまりありませんが、 長い年月の中で定着してきたシーンです。おつきあいする上で、日常とは違った意味の大切なシーンには、 それにふさわしいお召し物を選ぶことをお薦めします。

 

結婚式