長襦袢とは

着物の下に着る下着のことです。身長に合わせて対丈で仕立て、衿には半衿をかけます。

この衿の部分と、袖口や振りからほんの少しの部分だけしか表からは見えません。でも、 そのホンの少しが意外と目立つのです。実は、コーディネートを左右する大きな要素の一つと言ってもいいくらい。 手を動かすたびにちらりと覗く色や柄、また後ろ姿でぱっと目を惹く振り。ここに日本独特の「重ねの美」が受け継がれています。 たかが下着と思って気を抜かずに、長襦袢にもおしゃれをこだわりたいものですね。


袖のふり