30代着物 TOP 着物の基礎知識着物のお手入れ方法 > 着物と帯のしまい方

着物と帯のしまい方

シーズンが終わり、お手入れの済んだ着物と帯。来シーズンまで、 タンスにしまっておくために知っておいたほうがいいことがあります。

着物を仕舞うとき、どんな場所にしまいますか?桐のタンス?押入れの中?洋服タンス?それとも・・・ 箱に入れていますか?着物は湿気にとても弱いもの。保管場所にも気を遣ってあげてください。

●高価な着物と帯は、桐のタンス
  桐のタンスは、湿気がはいるのを防ぎます。そして、タンスの中の湿度を一定に保っています。だから着物にやさしいタンスなんです。

●箔の入った模様、刺繍が入った模様、紋付には、薄紙か真綿をあててから、しまいましょう。 色が移ってしまったり、箔が変色してしまったりすることを防ぎます。

●特に、黒留袖・色留袖・訪問着・振袖は、折山に真綿などの芯をいれて、 折り目が付かないようにします。

●洋服には、洋服の防虫剤があるように、着物にも防虫剤や防湿剤があります。 基本的に絹には虫は付きませんが、汚れが付いていた場合には、その汚れに虫が付いてしまいますので、注意が必要です。また、 防虫剤や防湿剤は、着物に直接触れることのないようにしましょう。防虫剤は時として、 箔や染めの色を変色させてしまったりすることがあります。取り扱いには注意しましょう。