30代着物 TOP シーンごとに着る着物の選び方気軽に着る着物 > 友達とランチを食べに行く時の着物Vol.1

友達とランチを食べに行く時の着物Vol.1

たまには、休日の昼間、友達とゆっくりランチなんていいなあ~。
そんな時、どんな着物を着ていこうか、迷いますよね。

今日のランチは、ホテルのライトビュッフェ。
せっかくだから、色々なもの食べたいもの。
ライトビュッフェだから、かしこまる事もないし、おしゃべりは思いっきりできそう。

さて、着物は何にしようかしら。

やっぱり、気軽といえば、紬かしら。


季節は、秋だから、色は秋色がいいわね~。
秋色といえば、茶系!


今日は、琉球絣風の柄が織り込まれている紬に決めました。
色も落ち着いているし、秋らしいコーディネイトができそう。


ここで、注目してほしいポイントは、着物に使われている色。
あとで、帯や帯締め・帯揚げをコーディネイトするときに大切になってきます。

琉球絣風紬

着物が決まったら、次は帯。
着物が紬だったら、柔らかい感じで、染め帯がいいかな~
まだ、秋も深まっていないから、明るい感じの生成りの染め帯をコーディネイト。

木版染めの更紗模様。
色も着物の地色と同じトーンの茶色の線が描かれています。
着物と同系色。
しっかり色
のポイントを押さえています。


更紗に使われている色も
ちょっとくすんだ水色・ローズ色・からし色がポイントとして染まっているから、軽やかな感じで、着物の地色の重さを和らげていますね。


紬と更紗の染帯

ここまで決まったら、最後の色合わせ、帯締めです。

着物と帯、使われている色を確認してくださいね。

大事なポイントです。

私は、今回、帯締めを着物の地色でもなく、帯の中に使われている色でもなく、着物の柄の中の色を選びました。

紬と染め帯に合う帯締め

よく見てくださいね。
琉球絣の色と同じ色なのがわかりますか?

帯締めは、着物と帯をまとめる役目をしています。
まとめるためには、色にしまりがなくてはいけません。

しまりがないと、太って見えたり、だらしなく見えたりします。
せっかく、着物を着たのに、きれいに見られなかったら悔しいですよね!

今日のポイント
 
帯締めは、まとめ役。
 着物と帯のどの色を選んだらまとまるか、よーく考えてみてくださいね。

 

 

さあ、準備できたら、お出掛け、お出掛け。
いっぱい食べるぞ~