30代着物 TOP 着物の基礎知識帯の種類 > 帯の種類(半巾帯)

帯の種類(半巾帯)

半巾帯とは、ふつうの帯の幅(約30cm)に対して狭い帯で、16cm前後の細帯のことをいいます。

長さは、3.5mと、名古屋帯よりは短いものです。半巾帯は、どれもだいたい同じサイズなのですが、呼び名によって区別されています。 それぞれの特徴を知っておくと便利ですよ!

小袋帯・・・半幅の袋帯のことをいいます。よく見ると、2枚重なっているのがわかります。袋帯と同様、 袋状に織られているものと、別々に織られた布を縫い合わせているものがあります。

半巾帯・・・並幅の半分の幅の帯のことをいいます。

四寸帯・・・

半巾帯(小袋帯)