30代着物 TOP 着物の基礎知識帯の種類 > 帯の種類(丸帯)

帯の種類(丸帯)

丸帯とは、江戸時代に作られた礼装用の帯です。留袖紋付に用いられていましたが、 現在では一般の需要は少なく花嫁衣裳にまれに用いられる程度です。

広幅地(約70cm)を二つ折りにして芯を入れて、 片方を縫い合わせて仕立てた帯です。金糸、銀糸を織り込んだ唐錦の総模様(通し柄といいます)で地厚であるために「厚板」 とも呼ばれていました。