帯の種類

帯の種類(丸帯)

丸帯とは、江戸時代に作られた礼装用の帯です。留袖紋付に用いられていましたが、 現在では一般の需要は少なく花嫁衣裳にまれに用いられる程度です。

帯の種類(袋帯)

袋帯は、丸帯に代わる現代の礼装用の帯です。振袖、留袖、訪問着、付下げ、色無地に使用します。

帯の種類(名古屋帯)

外出用の帯で一番広く用いられます。袋帯はお太鼓を結ぶと、お太鼓の部分が二重になりますが、 名古屋帯の場合には、一重太鼓です。

帯の種類(袋なごや帯)

袋なごや帯は、帯の幅が約30.5cm(八寸)あることから、「八寸なごや」「かがりなごや」 とも呼ばれています。

帯の種類(半巾帯)

半巾帯とは、ふつうの帯の幅(約30cm)に対して狭い帯で、16cm前後の細帯のことをいいます。

帯の種類(しゃれ袋帯)

お洒落着に締める袋帯をしゃれ袋といいます。寸法は袋帯と同じですが、 礼装用に用いるような重厚な柄ではなく、