30代の着物TOP着物の基礎知識 > 着物の種類

着物の種類

着物の種類(黒留袖)

黒留袖とは、既婚女性の慶事の礼装をいいます。結婚式に列席する新郎新婦の母親、親類の夫人、 仲人の夫人がお召しになります。

着物の種類(色留袖)

地色が黒以外の留袖をいいます。
黒留袖と同格の祝儀用の着物です。柄も格調高い裾模様が使われいます。色留袖は、既婚・未婚女性どちらでも着用できます。

着物の種類(訪問着)

訪問着とは、白生地のうちに仮縫いをして、模様師さんが一点一点下絵を描き、 そこから幾つもの工程を経て染められた絵羽模様の着物を総称して呼んでいます。

着物の種類(付下げ)

付下げは、訪問着と小紋の中間の性格を持っています。
付下げとは、小紋と同様に型紙によって染められ、その染め技法は、同一柄を大量生産するものを言います。

着物の種類(色無地)

色無地とは、黒以外の一色無地染めの着物のことをいいます。紋を付けると慶弔両用の準礼装になります。 色無地は、模様が入っている着物とは違って、用途によって着分ける事ができる利用範囲の広い、とても重宝な一色染めの着物です。

着物の種類(小紋)

小紋とは、染め柄の名称であり、文字の示すように小さい紋様を、 布地いっぱいに型染めしたもののことです。型染めとは、型紙を用いて絵柄を染めることで、型友禅、江戸小紋、紅型などの伝統的なものから、 現代的なものまで種類は沢山あります。

着物の種類(紬)

紬とは、絹織物の一種で、糸を先に染めてから反物に織り上げて作ります。経糸(たていと)、緯糸 (よこいと)とも真綿から紡いだ紬糸を用い、経糸と緯糸に柄に合わせた色染め、色の組み合わせによって縞や格子、 また絣などの柄を織り出すことができます。