30代の着物TOP着物の基礎知識 > 着物の基本

着物の基本

着物の基本、染めと織り

着物は、「染め」と「織り」からできています。

着物の織り方の種類

着物の種類には、縦糸のことを「経糸(たていと)」、横糸のことを「緯糸(よこいと、または、 ぬきいと)」と表記します。

白生地の種類と用途(一越縮緬:ひとこしちりめん)

現在、もっとも広く用いられている生地です。左右の強撚糸を一本ずつ交互に織り込んだもので、 シボが細かく、着崩れが少ないことが特徴的なものです。

白生地の種類と用途(古代縮緬)

縮緬の一種。シボ(縮みによる凹凸)が大きく、独特の風合いがあるちりめんで、「鬼しぼちりめん」 とも呼ばれています。

白生地の種類と用途(紋意匠縮緬:もんいしょうちりめん)

経糸に駒撚糸を地緯に強撚糸、絵緯に生糸諸糸や柞蚕糸などを使った緯二重織縮緬のことをいいます。

白生地の種類と用途(紋綸子:もんりんず)

綸子は撚りのない絹糸を経糸に使い、経糸で地を緯糸で地紋を織るので、なめらかで光沢のある朱子 (しゅす)地に織り上がります。font>

白生地の種類と用途(羽二重:はぶたえ)

 経緯ともに撚っていないごく細い上質の生糸などを使った平織りの後練織物のことをいいます

白生地の種類と用途(パレス縮緬)

経糸に生糸、緯糸に通称パレス撚りと称する右撚り、 左撚りの強撚糸を2本交互に使った平組織のものをいいます。

白生地の種類と用途(駒綸子縮緬)

経糸に駒糸という撚糸を使用した、深みのある生地です。シャリッとした風合いとしなやかな光沢を持ち、

白生地の種類と用途(朱子縮緬:しゅすちりめん)

 経朱子と緯朱子で文様を織りなしたもので、きらびやかな光沢を持ち、大変豪華な印象のある生地です。

白生地の種類と用途(縫い取り縮緬)

ちりめん地に、金糸・銀糸・うるし糸・ラメ糸などの装飾糸を使って、 生地模様を織り上げた高級ちりめんです。

白生地の種類と用途(銀無地)

 新しい織物組織のちりめんで、完全な二重織りではなく、地紋の朱子上げを梨地風にしたものです。

白生地の種類と用途(塩瀬)

特に太い緯糸をしっかりと打ち込んだ生地で、こはく琥珀とも呼ばれています。

白生地の種類と用途(精華:せいか)

薄手の羽二重で、パレスちりめんとよく似た感触の生地です。長襦袢や八掛によく用いられます。