冠婚葬祭に着る着物

冠婚葬祭ってどんなシーン?

冠婚葬祭と、一口に言っても色々なシーンがありますよね。

お宮参りに着る着物

お子様の誕生は、どなたにとっても嬉しいことです。 お子様のこれからの成長を家族皆さまで祝福したいものですね。

お子様の七五三のときに着る着物

お宮参りと同様に、七五三は、お子様の成長を祝う行事です。この風習の伝承の基となるものは、 古くは室町時代のころからで、子供の成長の段階を祝い、社会に認めてもらうという意味をもった儀式でした。

お子様の入学式・卒業式に着る着物

 お子様の成長される姿は、お母様にとって本当に嬉しいものです。学校の入学や卒業は、 お子様にとっても節目の行事。

告別式に着る着物

 告別式の服装は、故人との関係や立場によって、洋装の場合には、正式喪服・準喪服・略式喪服などの着用を判断します。和装の場合には、

お通夜に着る着物

最近では、お通夜でも、喪服をお召しになっていらっしゃる方が多いようですが、正式には、

結婚式に着ていく着物

結婚式に出席することになった場合、知っておいたほうが良いことがあります。 どんな場合にどんな着物を着ればよいか、どんな着物を着れば失礼にあたらないか、知っているだけで、心丈夫なものです。

四十九日に着る着物

 四十九日も、遺族にとっては大切な儀式です。どうして四十九日の法要があるのか知ることによって、 その場にふさわしい服装を考えてみましょう。

法事に着る着物

故人の祥月命日(亡くなった月日)に行われる法事。法事は、一周忌・三回忌・七回忌・・・と続きます。